製造業のコロナ対策とは?

With(ウィズ)/アフターコロナを見据えた製造現場の取り組み


第二波・第三波を見据えて
DX企業へつながるコロナ対策をICTでご支援いたします

緊急事態宣言が解除され、日常を取り戻していきつつある現在、“ニューノーマル”が現場に求められます。
また、企業として社員の安全確保と事業の継続を守るの取り組みが急務とされております。
様々な課題の対策・解決策となるICTをお客様の状況に合わせて富士通Japanがご提案致します。


第二波、第三波に備えた需要予測・生産計画

生活・勤務形態が大きく変化することによる、需要と供給のバランスをいち早く予測し、生産の見通しを立てる支援をします。

mfg-bnr-01.png
mfg-bnr-02.png
mfg-bnr-03.png
mfg-bnr-01-1.png
mfg-bnr-02-1.png
mfg-bnr-03-1.png

FOREPALS

蓄積されたデータから将来の需要を予測します。

PROFOURS

計画管理系業務の作業効率向上・精度向上を支援します。

Asprova APS

会社の変化対応力を向上・グローバルにも対応したスケジューラーです。



リモートによる設計作業

場所を問わず設計作業ができる環境をソリューションで実現します。

mfg-bnr-01.png
mfg-bnr-02.png
mfg-bnr-03.png
mfg-bnr-01-1.png
mfg-bnr-05-1.png
mfg-bnr-06-1-cs22.png

COLMINA 設計製造支援 iCAD

時間や場所にしばられない、効率的な設計作業を支援します。

COLMINA デジタル生産準備 VPS

デジタルデータを活用し、効率的な工程設計と多面的な評価・検証を実現します。

COLMINA Design Review
高速リモートデスクトップ

3D-CADなどのグラフィックを多用するアプリケーションをクラウド環境で利用可能にします。

btn-free-r.jpg
btn-free-r.jpg



社員の安全対策と事業継続

緊急事態に備えた対策を強化し、社員の安全確保と事業継続を支援します。

mfg-bnr-01.png
mfg-bnr-02.png
mfg-bnr-03.png
mfg-bnr-07-1.png
mfg-bnr-08-1-cs2.png
mfg-bnr-09-1-cs2.png

SCRkeeper

サプライチェーンのリスク管理を可視化し、被災状況を瞬時に把握可能とします。

AI顔認証・温度検知

コロナ対策とセキュリテイ強化を実現するAIカメラシステムになります。

COLMINA 安全管理支援

IoTテクノロジーを活用することで、異常や予兆を早期発見し、遠隔での安全・労務管理を実現します。






現状業務見直し・効率化

テレワークが普及する中で、基幹業務の効率化・ペーパレス化などを支援します。

mfg-bnr-03.png mfg-bnr-02.png
mfg-bnr-01.png
mfg-bnr-12-1.png
mfg-bnr-11-1.png
mfg-bnr-10-1.png

GLOVIA iZで働き方改革

アナログ業務を効率化し、生産性を高め、「攻めの人事」へのシフト支援を行います。


GLOVIA iZ生産 PRONES

基幹系業務を改革し、成長を加速・継続させる生産管理システムになります。

GLOVIA iZ 経営

全社情報を一元化して良質な経営情報を提供します。


btn-product-r.jpg


btn-catalog-r.jpg



働き方改革と実践事例

働き方改革/ワークスタイル変革の進め方が分からないとお悩みのお客様に富士通グループの取組事例・状況についてご紹介します。

mfg-bnr-13.png mfg-bnr-02.png
mfg-bnr-01.png
mfg-bnr-12-1.png
mfg-bnr-11-1.png
mfg-bnr-10-1.png

働き方改革 自社実践事例のご紹介

取り組み背景から実践、定着化への取り組みについてご紹介します。


テレワークに関連したFJJ実践事例

テレワーク勤務制度と環境整備、テレワーク実施状況についてご紹介をします。

「ワークスタイル変革」 テレワーク検討資料

企業におけるテレワーク状況からワークスタイル変革に向けたペーパレス化ソリューションご紹介します。




mfg-bnr-doc.png







事業継続対策としてテレワーク環境は重要な備えに

新型コロナウイルスなど事業継続上の脅威への備えとして、また人材確保や生産性向上への期待として、多様なワークスタイルを実現するテレワークに注目する企業が増えています。
その一方で、導入・運用コストの問題や、そもそもテレワークが自社の環境に導入可能か判断できない、といった問題から導入に踏み切れない企業も少なくないでしょう。

富士通Japanでは、お客様の業務形態に最適なテレワーク環境を整備するための支援をさせて頂きます。
詳細につきましては、以下のWebページをご覧願います。


lp_linkpush_bnr.png