musenavi_top-visual-01.jpg


MUSENAVI(ミューズナビ)は、企業の工場見学やオフィスツアー、社内教育用の教材としてガイド業務をサポートする、多言語対応の音声・動画ガイドシステムです。スマートフォンやタブレットを活用することで、見学に掛かる労力を大幅に軽減でき、また、普段は見ることのできない場面を画像や動画を使って解説することにより、より深い学習効果が期待できます。
さらに、多言語に切り替えてガイドができるので、海外からの視察にも対応することができ、製造現場のブランド価値向上にも寄与できます。


musenavi_btn-download.jpg


スマートフォンやタブレット端末を活用し
音声・動画によるガイドを実現する
MUSENAVI(ミューズナビ)。
その多彩な機能特長をご紹介します。



musenavi_point01.jpg

musenavi_p1.png

タブレットやスマートフォンを利用し、専用アプリで、オフィスや工場、商品の製造過程、設備や機器の内部構造などを、音声・静止画・動画・テキストでガイドします。



musenavi_point02.jpg

musenavi_p2.png

見学者の端末のガイド再生を、アテンド側の端末でコントロール可能。複数人を案内する見学や、異種言語の混在する見学、同時進行する複数グループ見学にも対応可能です。



musenavi_point03.jpg

musenavi_p3.png

スマホやタブレット内の専用アプリに画像、音声、動画などのコンテンツをインストールすることで、Wi-Fiなしのオフライン利用も可能です。見学中にBeaconやQRコード、GPSを活用することで、コンテンツの自動再生も可能です。



musenavi_point04.jpg

musenavi_p4.png

音声やテロップ(字幕)は、日本語に加え、英語、中国語、韓国語など複数の言語に対応。海外からの来訪にも万全に対応できます。



musenavi_point05.jpg

musenavi_p5.png

万一、案内担当者や通訳が不在の時でも、ガイドアプリを活用することで、見学に来られたお客様への説明が可能です。また、案内担当者の説明に情報をプラスすることで、見学のサポートツールとしても活用できます。



musenavi_point06.jpg

musenavi_p6.png

画像、動画の活用で、見学だけでは見えない設備や機械等の“深層部”をより詳しく伝えることができるなど、企業の実相や価値訴求に貢献。企業イメージの向上にも寄与します。




musenavi_btn-download.jpg


MUSENAVIの主な機能



見学に必要な基本機能やオプションを組み合わせることで、スムーズな見学を実現。
また、独自の追加要望にもカスタマイズで対応でき、施設にあった専用アプリを構築できます。


musenavi_function.png


MUSENAVIの主な運用イメージ


運用イメージに合わせて、スマートフォンの他、貸出専用のタブレットにも対応できます。



 1.専用タブレットによる見学

来場時にガイドアプリインストール済みのタブレット端末を貸し出し、動画や音声ガイドで場内説明などをサポートします。


musenavi_flow1.png




 2.来訪者のスマートフォンによる見学


musenavi_flow2.png



 3.ガイド員が随行する見学


musenavi_flow3.png


MUSENAVIの活用事例



MUSENAVIは様々な施設で活用いただいています。ここでは、その一部をご紹介します。



 オタフクソース株式会社 様


musenavi_case1.png


オタフクソース様 本社工場でのソースのボトル詰めから出荷までの工程と、近隣施設Wood Egg お好み焼館でのお好み焼きの歴史や文化を学ぶ『おこのミュージアム』を見学できます。
2018年4月導入。
多言語対応(2ヶ国語)、テロップ対応(2ヶ国語)、チェックインビーコン



 三菱ケミカル株式会社 岡山事業所様


musenavi_case2.png


三菱ケミカル 岡山事業所様は、国内最大級のエチレンプラントを保有する石油化学・樹脂加工製品の工場で、180万㎡にわたる広大な構内をバスで見学できます。専用タブレットを用いて、より多くの方に理解を深めていただくことに取り組んでいます。
2018年10月 運用開始。
多言語対応(3ヶ国語)、テロップ対応(3ヶ国語)、GPSによるガイド再生


 岡山市西部リサイクルプラザ様


musenavi_case3.png


岡山市西部リサイクルプラザ様は、可燃性粗大ごみ、不燃性粗大ごみ、不燃ごみ、空きびん、ペットボトルの回収と処理を行う施設で、館内の設備、資源化物のリサイクル過程を専用タブレットを用いて見学できます。
2015年1月 運用開始
多言語対応(4ヶ国語)、テロップ対応(4ヶ国語)、ビーコンによるガイド再生、動画ガイド




「MUSENAVI」の詳細資料ダウンロードはこちら