tenko_top-visual-01.jpg


日本の産業を貨物輸送で支えるトラック運送事業者様。日々の安全運行のためには、トラックドライバーに対する対面での点呼を行なうことによる安全確保が法令により義務づけられています。しかしながら、昨今の人手不足問題や働き方改革の推進に伴う就労時間の削減などにより、点呼業務の効率化や業務品質の維持が課題となっています。


tenko_btn-download.jpg


Tenko de unibo(テンコ デ ユニボ)」

日々のドライバー点呼業務を自動化することで

運行管理者様の負担軽減と業務品質向上実現する
点呼業務支援ロボットです




点呼業務支援ロボットとは




トラック運行管理者が日々行なうドライバーに対する一連の点呼業務を、最新のAI技術などを駆使したロボットがサポート。これが点呼業務支援ロボットです。指示・伝達事項のドライバーへの確実な伝達に加え、点呼記録簿の自動作成、点呼結果の関係者へのリアルタイム通知を実現します。さらに、キーボックスやアルコールチェッカーとの連携機能も備え、より安全・確実なトラック運行管理環境を実現。運行管理者様の業務負担軽減に貢献します。



img-unibo-support.jpg



「Tenko de unibo」が一連の点呼業務を支援します



運行管理者立ち会いのもと、ロボットが顔認証でドライバーの確認を行い、運転免許証リーダーとアルコールチェッカーと連携した点呼業務を確実かつ効率的に実施し、点呼記録簿を自動的に作成します。さらに、ロボットが安全運行ができないと判断した場合は、連携したキーボックスが解錠されず、確実な安全運行を支援します。



tenko_youtube_1.jpg



 運行前と運行後の点呼の流れ


点呼業務支援ロボット「Tenko de unibo」は、トラックドライバーの「運転前」および「運転後」のそれぞれに必要となる一連の点呼業務をすべて自動化。AIやロボット技術をはじめとする最新のテクノロジーを駆使したこれまでにない新しいシステムが、運行管理者様をとことんサポートします。


tenko-flow.jpg


 点呼の流れを動画でご確認いただけます


tenko_youtube_2.jpg



tenko_btn-download.jpg



 点呼関連各業務の運用イメージ (運行前点呼の流れ)


トラックドライバーの運行前と運行後で必要な一連の点呼業務をサポートする「Tenko de unibo」。そのうち、運行管理者が行なう点呼業務でまず重要となるドライバーの「運行前点呼」の流れについて、その概要をご紹介します。


tenko_flow.png


「Tenko de unibo」の導入効果



「Tenko de unibo」は、点呼業務の自動化による運行管理者様の業務負担軽減に加え、運行管理業務の質の向上と標準化に貢献することで、全社の安全管理レベルの一層の向上が図れます。さらに、荷主様をはじめとするお取引先企業へのアピール、企業価値向上にも寄与します。



tenko_effect_all2.png




「Tenko de unibo」のシステム構成



「Tenko de unibo」は、コミュニケーションロボット「unibo」と富士通の提供する「ロボットAIプラットフォーム」で構成されています。また、運転免許証認証のためのカードリーダーや、アルコールチェッカー、キーボックスなどの各専用端末機器が連携することで一連の機能が実現します。


tenko_system.png



「Tenko de unibo」お問い合わせはこちら