システム管理者様の「働き方改革」を実現するSKYSEA Client View(スカイシー・クライアント・ビュー)

会社のIT資産を一元管理し
「長時間労働対策」と「情報漏えい対策」を
とことん支援します。

組織の重要なデータを守るため、SKYSEA Client Viewがリスク対策を支援します

標的型攻撃やランサムウェアなどのサイバー攻撃から、PCの誤操作やデバイスの紛失といった人為的なミスまで、企業組織は情報漏洩リスクと常に隣り合わせです。
SKYSEA Client View(スカイシー・クライアント・ビュー)は組織の重要なデータを守るため、情報セキュリティ対策の強化とIT資産の安全な運用管理を支援する、多彩な機能・ソリューションを提供します。




クライアント運用管理ソフトウェア
SKYSEA Client Viewの多彩な機能


 PCの使用状況の“見える化“で正確な労働時間の把握を支援します

SKYSEA Client Viewで記録されたPCの操作履歴(ログ)を活用することで、日々の業務でPCを使用する従業員の労働時間の見える化を支援します。また、業務時間外のPC操作を制限する機能なども搭載しており、組織の過重労働対策への取り組みをサポートします。

skycv_01-2.png



 「労働時間の記録」は長期間の保存が求められています

労働基準法第109条では、企業の使用者は労働時間の記録(出勤簿、タイムカード、ログなど)を3年間保存しなければならないと定めています。SKYSEA Client Viewでは、PCのログを最大10年間長期保存することが可能です。

skycv_02-2.png



 日々の残業状況を適切に把握、状況の早期改善を支援します

定時終了前や業務時間外に、PCの画面にメッセージを表示することで、従業員の帰宅や残業申請を促すことができます。申請された残業は、管理機から承認 / 拒否が行えるほか、当月の累計残業時間などを一覧で確認することもできます。タイムカードなどでの月ごとの集計ではなく、PCの操作ログから残業時間を日々適切に把握することで、業務負荷の偏りといった状況の早期改善にお役立ていただけます※1。

skycv_03-2.png

※1 本機能は、お客様の営業日と業務時間を設定いただくことでご利用いただけます。ただし、残業の申請・管理は必ずこの機能で行っていただく必要があるものではありません。お客様の運用ルールに沿ってご対応ください。


 お知らせメッセージで帰宅や残業申請を促します

定時終了前などにメッセージを表示。残業申請が行われないまま定時終了時刻が過ぎたり、申請した残業時間を超過した場合には、PCをネットワークから遮断したり、画面をロックすることで、業務時間外のPC使用を制限できます※2。

skycv_04-2.png

※2 システム管理者が事前に設定した解除コードを入力することで、ネットワーク遮断や画面ロックの解除が行えます。


 残業申請の承認や拒否、残業状況の確認ができます

「残業時間お知らせメッセージ」から行われた残業申請の承認 / 拒否、および残業時間や作業時間の当月の合計を確認できます。また、スマートフォンからでも申請内容の確認や承認操作ができ、外出先でPCが手元にない場合でも承認処理が行えます※3。

skycv_05-2.png

※3 DMZ内にリバースプロキシサーバーまたはロードバランサーの設置が必要です。加えて、専用のデータベースサーバー、またはWebサーバーを設置する必要があります。


 ログを集計・グラフ化し、労働時間の把握を支援します

日々蓄積されるPCの操作ログを集計・グラフ化し、労働時間の視覚的な把握を支援します。これら集計結果と、タイムカードや勤怠管理システムなどの記録とを照らし合わせ、勤務実態の調査に活用いただけます。

skycv_06-2.png

※レポートテンプレートはExcel形式なので、勤怠システムで取得した勤怠の記録との突合せに活用いただけます。


【Web動画セミナー】
SKYSEA Client Viewの多彩な機能を動画でご覧いただき、
アンケートにご回答ください。







「SKYSEA Client View 機能のご紹介」動画をご視聴いただき、ありがとうございます。
アンケートにご協力をお願いいたします。

※弊社と同業種の企業様、個人の方のお申し込みにつきましては お断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。 


アンケートにご回答いただくと小冊子を無料プレゼント

小冊子「PCの操作ログを活用した長時間労働対策・働き方改革」